自傷性皮膚症の症状

爪の周りの皮をむいてしまい、ボロボロになってしまうことがあっても、自分で自傷行為をしているつもりはありませんでした。誰でも持っている癖の一つだと思っていましたから。他の人に指摘され、治そうとしても治せないと分かって、「あれ?おかしいな」という具合です。もしかしたら、私と同じように病に気づかない人もいるのかも…ということで、自傷性皮膚症の症状をまとめてみました。

○身体をかきむしる

かきむしる場所は、腕、頭、顔など触れられるところはどこでも。お腹や背中など、普通は服を着ていて届かないようなところも、服をまくってまでかきむしってしまいます。

○かさぶたをとる

かさぶたができてはとってしまうので、いつまでたっても治りません。場合によっては次第に傷が深くなってしまうことも。

○皮を剥く

皮を剥いてしまうのは代表的な症状です。とれた皮を大切にしたり、口に入れたりする傾向も認められます。爪の周りや唇などが多い。

○噛む

歯を口に当てる程度ではなく、歯型がつき血がにじんだり内出血するまで噛んでしまいます。中には肉が出るまでやってしまう人も。

○物で肌を傷つける

ピンセットやカッター、はさみ、針などを使って、身体を傷つけてしまいます。通常は爪でやるのですが、物を使ってしまうこともあるのですね。ただし、むしる・ひっかくというのがポイントなので、リストカットとはちょっと違います。

自傷性皮膚症のポイントは、異常なまでに皮膚を傷つける、それを繰り返す、繰り返し傷つけられるため病変となってしまっているということ。そして、やめたいのにやめられないこと。

爪を噛むのも自傷性皮膚症の症状

普段のしぐさで、手を口のあたりに持っていくのは珍しいことではありません。頬杖や笑った時に口に手を当てるのも、ごく自然なしぐさとして見ることができます。このよくあるしぐさの中に、ひょっとしたら病気かもし・・・

爪の周りをボロボロにしてしまう自傷性皮膚症

自傷性皮膚症の対象は、爪だけではありません。体中のありとあらゆる部分が対象となります。共通していえるのは、触れる場所ということ。体を覆っている皮膚は、自分で触ることのできる唯一の器官です。 爪は自傷性・・・

ささくれや指の皮をむしりとってしまう自傷性皮膚症

爪を噛む、爪の周りをボロボロにすると同じように指先を傷つけてしまう自傷性皮膚症に、ささくれを取るというのがあります。指先にちょっとできたささくれが気になり、どうしても取りたくなるんですね。 指先にぴょ・・・
Sponsored Link